Windows 8 に備えて (5)

自分の場合はサブスクリプションがあるのでもっと早くインストールしてもよかったんだけど、10月26日に合わせて、うちのメインマシンにWindows 8をインストールした。
それまで使ってたWindows 7とは別のSSDを用意して、そこに新規インストールしたのだけれど、マシン起動時にOSの選択画面が出るようになった。
Windows 8入れる時には特に何も設定しなかったが、勝手に判断して選択画面が出るようだ。
もうMBRがどうこうとかって時代じゃなくなった。
Windows 8は、かしこーい。そして、起動が、はやーい。

Windows Azureのハンズオントレーニングに参加

Windows Azureのハンズオントレーニングに参加してきた。
Windows Azureの管理画面は従来のSilverLightベースからHTML5に切り替わってる最中だが、新しい管理画面はとても使いやすくなったと思う。
AmazonのAWSより良いと思う。
ちなみに、会場で用意されたPCはWindows8でVisualStudioは2012だった。
VisualStudio2012で簡単なJavaScriptを書いたけれどもコード補完の出来は非常に良いと思う。
テキストエディタだと(funcition(){})()なんかでカッコ閉じ忘れて苦しんだりするけど、これならOK。

Windows 8 に備えて (4)

Windowsのコントロールパネルにあるネットワークアダプターの設定を開き、デバイスドライバの構成という項目がある。
それを開くと「電源の管理」というタブがあり、「電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」というチェックボックスがあり、デフォルトでチェックが入っている。
これはどういう事かというと、Windowsがスリープした際に自動的にネットワークアダプターの電源が切れるということ。
多くの人にとっては便利な設定なのだけれど、自分の場合は困る事がある。
ターミナルソフトからSSHでインターネット上のサーバに接続して作業している最中、何かの都合でPCを離れると、その間にWindowsがスリープに入り、作業を再開しようとスリープから復帰させるとSSHの接続が強制切断されている。
ネットワークアダプターの電源が切れるから、当然SSHの接続も切れるというわけ。
ターミナルソフトを起動し直して、もう一度SSH接続しないといけなく、面倒。
先のチェックボックスのチェックを外せば回避出来そうだけれども、どうやらネットワークアダプターのデバイスドライバによってはチェックを外しても電源のオンオフを制御出来ないようだ。
うちのPCはASUSのマザーボードでオンボードのLANを使っているが、これに該当し、不便だった。
仕方ないと諦めていたが、最近ASUSのウェブサイトからマザーボードのドライバをダウンロードしインストールしてみた所、この不具合が解消されたようだ。
マザーボードのファンの回転速度をPCから参照したくてドライバをインストールしただけだったのに、思わぬ副産物だった。

世間の話題に追随 (4)

「Batman: Arkham City」というゲームをプレーした。
攻略サイトの手助けもあり、何とかエンディングまで行けた。
グラフィックも物語・演出もまるで映画のようにとても良く出来ていて、最近のゲームはこんなにレベルが高いのかと感心した。

しかーし、ゲーム中で最大のドラマは途中でセーブデータが消えた事。
ある日ゲームをプレーしようと思ったら、あるはずのセーブデータが空になってた。
前回遊んだ時は普通にセーブして終了したはずなのに。
調べてみると、セーブデータファイルは2カ所あって、その内1カ所がフォルダ毎消えてた。
消えたフォルダを手動で作り、残ってるセーブデータファイルをそこにコピーし、ゲームを起動してみたが、認識しない。
ゲームをインストールし直してみたが、効果無し。
すでにストーリーも半分まで進んでおり、いまさら最初からやり直すのかと絶望的な気分に。
もうゲーム止めようと思ったけど、ネットで検索してみると、海外の掲示板にセーブデータが消えた場合の復活方法が書いてあるのを発見。
とりあえず新規にゲームをプレーしてセーブデータファイルを作る。そのセーブデータファイルをバイナリエディタで開き、指定されたバイト数をコピーして、復活させたいセーブデータファイルにペーストして上書きする。
ベクターでバイナリエディタをダウンロードし、その通りやってみた。
ゲームを起動してみると、認識してる。勝利!

世間の話題に追随 (3)

テレビゲームは一度始めると時間がかかるのが嫌で大人になってからは全然やってなかったが、この頃少し暇でゲームをしてみようと思った。
うちにはゲーム機がない(というかテレビがない)ので、PCでゲームをしてみた。
最近のPCゲームはお店でパッケージを購入しないでも、ネット配信しているゲームサイトからダウンロード購入する事が出来る。
特に有名なのがSteamというサイトだ。
Steamには無料のデモ版も多くラインナップされており、ゲーム初心者の私はとりあえずデモ版で慣れてみる事にした。
何本かプレーしたのだけれども、特に印象に残ったのが「Amnesia: The Dark Descent」というゲーム。
このゲーム、怖すぎる。
ゲームをプレーしていてこんなに怖いと思った事はない。
美麗なグラフィックではないけれども(というかほとんど暗くて何がなんだか分からない)、サウンドが凄く怖い。
メロディの付いたBGMは全然なく、風の音とどこからか聞こえてくる唸り声と本人の喘ぎ声しか聞こえない。
夜プレーしたけど、本当最悪だった。頭痛くなってきた。

世間の話題に追随 (2)

マンガに飽きたので、Huluで映画を見ている。
Huluは2週間のお試し期間は無料。
今10日目だけれど視聴履歴で確認すると12本見たようだが、うーん、もういいかも。
率直に言って、Huluの品揃えはまだまだで、レンタルビデオショップのそれとはかなり差がある。

ところで、ゴーストバスターズにシガニー・ウィーバーが出演しているのを知らなかったけれど、凄い美女という設定になってて、果たしてシガニー・ウィーバーって美女だろうか?
エイリアンは凄く良かったと思うけれど。

乾燥する季節

10月に入り、涼しく、そして空気が乾燥するようになってきた。
これからの季節、個人的に必須なのがメンソレータムのリップクリームとニベアのスキンクリーム。
私は子供の頃から唇が荒れやすく、小学校4-5年の頃からメンソレータムを愛用している。
ニベアのスキンクリームは何年か前から踵の角質化が酷くなってきた為、出かける前に踵に塗り込む事にしている。

ニベアのスキンクリームはともかく、メンソレータムのリップクリームは幼少時より今までずっと肌身離さずだった。
これからも死ぬまでそうだと思う。
お葬式で、故人が愛煙家の場合、愛煙していた銘柄のタバコを棺に入れて火葬する事があると思う。
天国でも好きなタバコを吸えるように。
私はタバコは吸わないので、メンソレータムのリップクリームでいいかも知れないと思う。

Windows 8 に備えて (3)

秋葉原ではArkというショップをよく利用する。
この店、秋葉原駅からはだいぶ離れた場所にある。
自分が秋葉原で買い物する場合、秋葉原駅から中央通りに出て末広町駅方面を進みつつ、ソフマップ、ツクモ、ドスパラ、TWO-TOP等を見て回る。
その間に検討している商品候補いくつかの市場状況の把握が終わり、購入する商品が決まる。
決まった時にいる場所がちょうどArkがある所あたり。
今更秋葉原駅に引き返すのは面倒なので、そのままArkで商品を購入し、末広町駅に向かい銀座線に乗って家に帰る。
これがいつものパターン。

秋葉原は頻繁に行く事はないけれど、昔とは様変わりしたなと思う。
平日の昼間だというのにそこら中でメイドがメイド喫茶の客引きで道に立ってる。
メイド壌はメイド服あるいは女子高生風のブレザーやアニメキャラクターの衣装を着ている事が多いと思うが、末広町の駅の近くで上品な感じのOL風ファッションのメイド壌を見つけた。
変わったメイド壌だなとじっと見たら、メイド壌ではなく、ポスター(ヒロヤマガタとかイルカとか)の対面販売をする女性店員だった。
脈ありと思われたのか、画廊の中に連れて行かれそうになり、焦ってしまった。

世間の話題に追随 (1)

最後に毎週見てたテレビ番組はテレビ朝日の検索ちゃんとNHKの爆問学問で、もう数年も前になる。
やはりテレビを見なくなると世間の話題に疎くなってきた。
別に最新の流行に興味はないけれど(河島英五の時代おくれは良い歌だと思う)、全く知らないのもどうだろう?、世間の話題に少しは追随するのも肩の力が抜けた生き方だろうか。
そこで。

とりあえず、近年何となく噂を耳にしていた漫画を買ってみた。
1つは諫山創の「進撃の巨人」。
これは以前から本屋に行くとレジ近くに陳列されていたり、どこかのニュース記事とか話の端で知っており、読んだ事はないが凄く面白くて人気があるという認識があった。
1巻から最新巻の8巻まで読んでみた評価は、結構面白い、といった所。
雰囲気が岩明均の「寄生獣」に似てるような気がする。

もう一つ、真鍋昌平の「闇金ウシジマくん」。
社会性のある、リアルな描写の漫画という認識はあって、同じく消費者金融業者を主役にした青木雄二の「ナニワ金融道」みたいな漫画なのかなと思って読み始めたのだけれど、どうも違うぞという印象を受けた。
「ナニワ金融道」がテクニカルな面も含めて消費者金融という商行為そのものを描いていたのに対し、「闇金ウシジマくん」は闇金業はストーリーテリングの為の道具で、胆は闇金を利用客の人間性の描写なのかなと思った。
「闇金ウシジマくん」には「奴隷くん」「若い女くん」「バイトくん」「ゲイくん」「ギャル汚くん」という様々な利用客が登場し、利用客の人間性、その人間が今に至る社会背景がリアルに描かれてる。
漫画というより、ルポルタージュのように思えた。

ところで「闇金ウシジマくん」は今の所25巻まで刊行されており、自分は今7巻まで読んだ。
近所の本屋に8巻を買いに行った所在庫を切らしており、これから後18冊読むのかと思うと、もういいかなという気分になってる。

Windows 8 に備えて (2)

前回SSDの増設を試みたものの、SATAの電源コネクタが太い・プラグの先がL字型で隣と干渉するという予期せぬ事態により目的を達せられなかった。
本日Amazonより注文したケーブルが届いたので再度SSD増設にチャレンジし、成功した!
これでWindows8をインストールするドライブの準備が整ったわけだ。

ところで、PCを組み立てる時に懐中電灯を使わないだろうか?
例え昼間でもパーツの奥まった部分、暗くなってる箇所を確認するのに懐中電灯があると大変便利に感じる。
組み立てではなくとも、棚にしまってるPCの裏側に手探りでUSBケーブルを刺す等にもライトがあると大助かりだ。
パーツをネジ留めする場合で両手が塞がってる状態なら、懐中電灯を口にくわえてネジ穴を照らしドライバーを回すというテクニックがある。
このテクニックはドラマ「24」でジャックバウアーがそうするシーンで覚えた。ジャックはPC組んでいたわけではないが。
なお、懐中電灯は直接くわえると不潔なのでハンカチをあてることにしてる。そうしないと歯が折れそうだし。

写真の懐中電灯は数年前に富士山登山の為にドンキホーテで購入した物だが、山には登らずとも常日頃大活躍している。
良い買い物だった。

Windows 8 に備えて (1)

Windows 8に備えて256GBのSSDを購入した。14,900円。
今Windows 7で使っている128GBのSSDを去年買った時の値段もそれくらいだったと思う。
一緒に購入した2.5インチのHDDは1TBで6,848円。
データファイルやバックアップを置くのに使おうと思う。

ところで、いざPCを分解してディスクを装着しようと思ったら、SATAの電源コネクタが太すぎて隣のディスクと干渉したり、プラグがL字型でシャーシとぶつかったりで、想定外の事態が発生。
とりあえずHDDだけケーブル差して、SSDは諦めた。
すぐAmazonにアクセスして、必要なケーブル、いつか必要になりそうなケーブル、まとめて注文した。
PC強化は続く。