技術情報 / PuTTY / SSH / PuTTYの環境変数をサーバへ渡す (Environment variables)

PuTTYの環境変数をサーバへ渡す (Environment variables)

PuTTYの設定

  • 設定ダイアログを開く。
  • “Connection”->”Data”を開く。
  • “Environment variables”の”Variable”と”Value”を入力して”Add”ボタンを押下し、環境変数を登録する。ここでは以下のようにした。
    ** Variable: PUTTY_OK
    ** Value: 1

OpenSSHサーバの設定

  • /etc/ssh/sshd_configを開く。
  • 以下の設定を記述する。複数の設定をする際はスペースで区切って並べる。詳しくはman sshd_configを参照の事。
    ** AcceptEnv PUTTY_OK

補足:サーバだけで環境変数を設定するには?

  • PermitUserEnvironmentを設定する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)