Chrome / 技術情報 / Windows アプリケーション / 別ユーザプロファイルにして特定サイト専用Chromeを作る

別ユーザプロファイルにして特定サイト専用Chromeを作る

概要

  • Chromeは起動時に–user-data-dirオプションを付けるとユーザプロファイルを格納するフォルダを指定できる。
  • Chromeを起動するショートカットアイコンでこのオプションを付けて起動する事で、通常のユーザプロファイルとは別のユーザプロファイルでChromeを利用する事が出来る。
  • また、起動オプションにURLを指定して、Chrome起動時に自動的に特定サイトが開かれるようにする。
  • 今回はGmail専用Chromeを作る。このChromeはGmail専用な為、別のChromeを起動してGmailとは違うアカウントでGoogleにログインして、マルチアカウントでGoogleの各種サイトにアクセスする事が出来る。

手順

ユーザプロファイルフォルダ作成

  • 新しいユーザプロファイルを格納するフォルダを作る。今回は以下のようにした。
    • “C:\Users\taro\AppData\Roaming\Google2”

Chromeのショートカットアイコンの作成

  • Chromeの実行ファイルを探す。今回は以下の通りだった。
    • “C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe”
  • デスクトップ等に右ドラッグしてショートカットアイコンを作る。
  • アイコンを右クリックしてプロパティを開く。
  • リンク先が以下のようになっているので、
    • “C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe”
  • これを以下のように変更する。
    • “C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe” –user-data-dir=”C:\Users\taro\AppData\Roaming\Google2″ “https://mail.google.com/”
  • ショートカットアイコンをダブルクリックしてChromeを起動する。
  • タスクバー上のChromeのアイコンを右クリックして”タスクバーにピン留する”を選ぶ。
  • これでこのアイコンでChromeを起動すると通常とは別のユーザプロファイルとなり、かつ指定したGmailのURLで起動する。

ショートカットアイコンのアイコン画像変更

  • www.easyicon.net/language.ja/ で適当なGmailのアイコンを探して、ダウンロードする。
  • タスクバー上のChromeのアイコンを右クリックして「プロパティ」を開く。
  • 「ショートカット」タブの「アイコンの変更」ボタンを押下する。
  • 先ほどダウンロードしたアイコンファイルを指定する。
  • OKでプロパティウィンドウを閉じる。

プロファイルの確認

  • ショートカットでChromeを起動する。
  • アドレスバーに以下の文字列を入力して、表示されるプロフィールパスを確認する。
chrome://version/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)