技術情報 / Windows / バックアップ / Robocopy / コピー・サブフォルダコピー・ミラー

コピー・サブフォルダコピー・ミラー

コピーの挙動

  • Robocopyは、フォルダ間で構造を保ったままファイル群(フォルダ群)をコピーするためのコマンド。
  • コピー元とコピー先はともに必ずフォルダを指定する。
  • したがって、robocopy.exe html_dir\index.html backup_dirのような使い方は出来ない。(index.htmlのみコピーしたい場合は、別にファイルパスを指定する)
  • また、backup_dirが存在しない場合、robocopy.exe html_dir backup_dirとすると、backup_dirが新規作成された上で、html_dir下のファイルがbackup_dir下へコピーされる。

ファイルコピー

robocopy.exe src dst
  • srcフォルダ以下のファイルをdstフォルダ以下へコピーする。フォルダはコピーしない。

サブフォルダコピー

robocopy.exe src dst /e

空のサブフォルダもコピーする

robocopy.exe src dst /s
  • srcフォルダ以下のファイルとフォルダをdstフォルダ以下へコピーする。
  • /e サブフォルダをコピーする(空のフォルダもコピーする)
  • /s サブフォルダをコピーする(空のフォルダはコピーしない)

ミラーリングコピー(コピー先のファイルを削除)

robocopy.exe src dst /mir
  • dstフォルダ以下はsrcフォルダ以下と全く同じになるようコピーされる。
  • つまり、srcフォルダ以下にないファイルは、dstフォルダ以下から削除される。
  • ただし、ジャンクション・シムリンクは普通のファイル・フォルダとしてコピーされる。
  • なお、/mirオプションは/purgeオプションと/eオプションを組み合わるのと等価。

コピー内容を確認

robocopy.exe src dst /l

コピー先フォルダの指定(コピー先のフォルダがなければ新規作成される)

robocopy.exe src dst\foo\bar /e
  • もしdstフォルダ以下にfooフォルダ(やbarフォルダ)がなければ、それらが新規作成されて、
  • barフォルダ以下にsrcフォルダ以下のファイルとフォルダがコピーされる。

参考