技術情報 / Windows Server / Hyper-V / Disk2vhdで物理マシンのディスクをVHDファイルへ変換

Disk2vhdで物理マシンのディスクをVHDファイルへ変換

Disk2vhdとは?

  • 起動中の物理マシンの起動ディスクをVHDファイルへ変換して、Hyper-Vなどの仮想化環境のゲストOSとして稼働させる(P2V)ことが出来る。
    • VHDファイルへの変換時にディスクコントローラーなどのHALを仮想環境向けに書き換える事によって仮想化対応している。
  • ボリュームシャドウコピーを使うので、起動中でも安全に完全なバックアップを取ることが出来る。

Disk2vhd ダウンロード

手順

  • Disk2vhdをダウンロードして、対象の物理マシンで実行する。
  • バックアップを取る全てのディスクにチェックを付ける。
    • ドライブレターのないブートディスクにもチェックを付ける。
  • Use VHDXにチェックを付ける。(VHDXは新しい形式で、通常こちらを選んだ方が良い)
  • User Volume Shadow Copyにチェックを付ける。(より安全なトランザクションコピーが行われる)
  • VHD(X)ファイルの保存場所は、バックアップを取らないディスクにした方が安全。従って、外付けHDDなどを用意して、接続した方が良い。

参考

Hyper-Vの仮想マシンを作成する際の注意点

  • ゲストOSがWindows8の場合でも、仮想マシンを第2世代にするとブートに失敗するようだ。
  • 第1世代で作成する事。

UEFIブートの物理マシンをP2Vするには?

  • UEFIブートではパーティション情報がMBRでなくGPT形式だが、現在のDisk2vhdはGPTを認識できない。
  • 従って、一旦、ディスクコピーを取った後、GPTからMBRへ変換する必要がある。
  • 詳しくは、https://4sysops.com/archives/how-to-p2v-windows-server-2012-r2-with-uefi-and-a-gpt-disk/ を参考にする。
  • www.youtube.com/watch?v=DDaSFRAviq4