技術情報 / Windows Server / Active Directory / FSMO役割を他のDCへ移行する

FSMO役割を他のDCへ移行する

現ドメインコントローラと新ドメインコントローラが正常に動作している場合

Active DirectoryスキーマMSCのセットアップ

  • cmd.exeから以下を実行して、Active Directoryスキーマ管理スナップインをインストールする。
    • regsvr32 schmmgmt.dll
  • mmc.exeを起動する。
  • スナップインの追加と削除で、Active Directoryスキーマを追加する。

Active Directoryドメインコントローラーの変更

  • Active DirectoryスキーマMSCを起動する。
  • なお、すでに新しいドメインコントローラーが選択されていた場合は以下の作業は不要。
  • 左ペインの”Active Directoryスキーマ”を右クリックして、”Active Directoryドメインコントローラーの変更”を選ぶ。
  • “次のドメインコントローラーまたはAD LDS…”にチェックを入れ、新しいドメインコントローラーのサーバを選択し、”OK”を押す。

操作マスターの変更

  • 左ペインの”Active Directoryスキーマ”を右クリックして、”操作マスター”を選ぶ。
  • 現在のスキーママスターが古いサーバである事、ターゲットスキーマが新しいサーバである事を確認して、”変更”を押す。

参考:

現ドメインコントローラがクラッシュ等で動作していない場合

  • cmd.exeからntdsutilコマンドを実行する。以下、参考ページを参照の事。
  • なお、@ITにある”fsmo maintenance: seize domain naming master …強制割り当て”は間違い(古いバージョン?)で、”domain”は不要。詳しくはntdsutilコマンド内で?を実行してヘルプを確認する事。

参考: