技術情報 / Windows / TIPS / Radeonのグラフィックカードでカスタム解像度を設定

Radeonのグラフィックカードでカスタム解像度を設定

radeon.pcdiyweb.net/?Faq#n07140ffより以下引用。

  1. Catalyst Control Centerを開き、Information Center→Graphics Software→2D Driver File Pathの内容を確認する。
  2. レジストリエディタでHKEY_LOCAL_MACHINE以下前項で確認したキーを開き、
    • Catalyst Control Centerを開き、Information Center→Graphics Software→2D Driver File Pathの内容を確認する。
  3. ++ DALNonStandardModesBCDに追加したい解像度を8byte単位で列挙する。
    • レジストリエディタでHKEY_LOCAL_MACHINE以下前項で確認したキーを開き、

そこにDALNonStandardModesBCDと言う名前でバイナリ値を作成する。

    • DALNonStandardModesBCDに追加したい解像度を8byte単位で列挙する。

その内容は水平解像度・垂直解像度・色深度・リフレッシュレートの値を各々2byteでBCD表記したものであり、
この内色深度とリフレッシュレートは0で省略可能。例として、1400×1050と1360×1024の解像度を追加する場合は下記の通り。

14 00 10 50 00  0 00 00 13 60 10 24 00 00 00 00

参考

radeon.pcdiyweb.net/?Faq#n07140ff