技術情報 / Windows / バックアップ / Windowsバックアップ・バックアップと復元(Windows 7)

Windowsバックアップ・バックアップと復元(Windows 7)

定義

  • ここではWindows 10に搭載されている機能、「バックアップと復元(Windows 7)」(英名:Backup and Restore (Windows 7) )について述べる。
  • 以下では「バックアップと復元(Windows 7)」を「Windows バックアップ」(英名:Windows Bakcup )と呼ぶことにする。

バックアップの設定(スケジュール設定)

  • 初めてバックアップする時はバックアップの設定(スケジュール設定)を行う。
  • コントロールパネルを開き、バックアップと復元(Windows 7)を開く。
  • [設定を変更します]を押下する。
  • バックアップの設定ダイアルが開く。バックアップを保存する場所の選択で、保存場所のドライブを指定する。次へ。
  • バックアップの対象を選ぶ。[自動選択]にするとライブラリー(ドキュメントフォルダー)、デスクトップ、ユーザープロファイル、AppData、システムフォルダーなどが保存される。プログラムフォルダーやCドライブ直下など、任意のファイル・フォルダーを対象にする場合、[自分で選択する]を選ぶ。今回は[自分で選択する]を選んだ。
  • PCに接続されているすべてのドライブ(ただし、バックアップを保存するドライブは除く)が表示されるので、問題なければすべてにチェックを入れる。バックアップする必要がないファイルがあれば、ドライブを辿って、そのファイルのチェックを外す。次へ。
  • 設定の確認をする。必要に応じてスケジュールの設定をする。[スケジュールの変更]を押下して、変更する。
  • [設定を保存して終了]ボタンを押下して設定を終了する。もしくは[設定を保存してバックアップする]ボタンを押下してバックアップを実行する。
  • なお、初回のバックアップは時間が掛かる。マシンの性能によるが、Cドライブ全体をバックアップすると、少なくとも30分程度は掛かる。2回目以降は差分バックアップなので早い。

参考

バックアップ実行

  • コントロールパネルを開き、バックアップと復元(Windows 7)を開く。
  • ファイルのバックアップまたは復元ウィンドウが開くので、[今すぐバックアップ]ボタンを押下する。
  • バックアップが実行される。

参考

リストア

参考

バックアップの保存場所

保存場所に指定したドライブの直下に以下のファイルとフォルダーが作成される。

「コンピューター名のフォルダ」(Windowsバックアップフォルダー)

  • デスクトップ上のファイルやマイドキュメントのファイルなど、指定したファイル・フォルダーが保存されるバックアップファイルがある場所。
  • このWindowsバックアップフォルダーの下に、”Backup Set 2017-08-01 0940500\Backup Files 2017-08-01 0940500″というバックアップセットフォルダーがあり、このフォルダーの中に、files1.zip,files2.zip,files3.zipのようなファイルがある。これがバックアップファイル。
  • 次回バックアップ実行時には、その日付のフォルダーが新しいバックアップセットとなる。

WindowsImageBackup

  • システムイメージが保存される場所。
  • Windowsバックアップフォルダーと同様に日付で管理されたフォルダー下に、ディスクイメージファイル(VHDXファイル)がある。

MedialD.bin

参考