技術情報 / Windows Server / バックアップ / Windows Serverバックアップ

Windows Serverバックアップ

ベアメタル回復

バックアップ手順

Windows Server バックアップ機能インストール

  • サーバーマネージャーを起動する。
  • 「役割と機能の追加」を開く。
  • 「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択し、次へ。
  • 「サーバーの役割」をスキップし、「機能」で「Windows Serverバックアップ」を選択し、次へ。
  • インストールを実行する。インストールはすぐ終わる。

バックアップを実行

  • サーバーマネージャーを起動し、「ツール」→「Windows Serverバックアップ」を開く。
  • 「ローカルバックアップ」を右クリックして、「単発バックアップ」を開く。
  • 「別のオプション」を選び、次へ。
  • 「カスタム」を選び、次へ。
  • 「項目の追加」をクリックする。
  • 別ダイアログが開く。「ベア メタル回復」にチェックを入れると、自動的に必要な項目が選択される。必要に応じて、不要なフォルダーのチェックを外す。OKでダイアログを閉じる。
  • 元のダイアログに戻る。内容を確認して、次へ。
  • 「ローカルドライブ」を選んで、次へ。
  • バックアップ先のドライブを選ぶ。
    • 例えば、Dドライブを選ぶと、「D:\WindowsImageBackup\myserver01」のようなフォルダーが作成され、その下にバックアップファイルが出来る。myserver01はバックアップ対象のサーバー名。
  • 内容を確認して、バックアップを実行する。
  • 環境によるだろうが、今回、HDDに30GB程度をバックアップしたところ、10分以上掛かった。

リストア手順

  • Windowsインストールメディアを入手する。
  • インストールメディアでマシンを起動する。
  • 「今すぐインストール」ではなく、「コンピューターを修復する」を選ぶ。
  • 「オプションの選択」で「トラブルシューティング」を選ぶ。
  • 「詳細オプション」で「イメージでシステムを回復」を選ぶ。
  • 対象のOSを選ぶ。
  • ダイアログが開く。「システムイメージバックアップの選択」で「システムイメージを選択する」を選んで、次へ。
  • 「復元するコンピューターのバックアップの場所を選択してください」でバックアップした時のドライブを選んで、次へ。
  • 「復元するシステムイメージの日時を選択してください」でバックアップした時の日時を選んで、次へ。
  • 「他の復元方法を選択してください」で「ディスクをフォーマットしてパーティションを再分割する」にチェックを選んで、次へ。
  • 完了する。

参考

復元