編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

sedでバックスラッシュを置換する際の注意点

シェル展開の挙動について

正規表現を'(シングルクォート)でくくる場合、置換文字列「\\」がシェル展開されずにsedに伝わる。sedは「\\」を「\」と解釈し、結果を表示する。

> echo "[/]" | sed -e 's/\//\\/'
[\]

正規表現を"(ダブルクォート)でくくる場合、置換文字列「\\\\」はシェル展開されて「\\」に変わる。sedは「\\」を「\」と解釈し、結果を表示する。
なお、「\\\」をシェル展開しても「\\」になる。「\\\\\」をシェル展開すると「\\\」に変わる。この挙動はしっくりこないが、基本的に「\\\\」を「\\」に展開する方針を採った方が分かりやすいだろう。

> echo "[/]" | sed -e "s/\//\\\\/"
 [\]

正規表現にシェル変数を使うには?

正規表現に与える文字列では「\」をエスケープしなければならない。「/etc/passwd」に対して「/etc」を「/tmp」に置換するようなケースを考えてみる。
Perlで言えば以下のようにすることで、「/tmp/passwd 」と表示される

$etc_passwd = "/etc/passwd";
$etc_passwd  =~ s#/etc#/tmp#;
print $etc_passwd;

まず「/etc」を「\/etc」とする。

etc="/etc"
escaped_etc=`echo $etc | sed -e 's/\//\\\\\//g'`
echo $escaped_etc

「\\\\\/」は前半4文字と後半2文字で分けて考える。

まず前半4文字「\\\\\」を考える。最初にバッククォートによるシェル展開で「\\\\」が「\\」に展開される。次にsedによる解釈で「\\」が「\」に変わる。
次に後半2文字「\/」を考える。最初にバッククォートによるシェル展開で「\/」が「/」に展開される。次に「/」はsedに文字通り解釈される。

etc_passwd="/etc/passwd"
tmp_passwd=`echo "$etc_passwd" | sed -e "s/^$escaped_etc/\/tmp/"`
echo $tmp_passwd

続き、実際にetcをtmpに置換するsedを考える。
$escaped_etcにはエスケープされた「\/etc」が入っている。バッククォートによるシェル展開で「/etc」になり、sedはそれを文字通り解釈する。
また、「\/tmp/」もバッククォートによるシェル展開で「/tmp」になり、sedはそれを文字通り解釈する。

以上で、「/etc/passwd」が「/tmp/passwd」に置換された。全部をシェルスクリプトにすると以下の通り。

#!/bin/sh

etc="/etc"
escaped_etc=`echo $etc | sed -e 's/\//\\\\\//g'`
etc_passwd="/etc/passwd"
tmp_passwd=`echo "$etc_passwd" | sed -e "s/^$escaped_etc/\/tmp/"`
echo $tmp_passwd

本当は、

$ echo '1/2/3' | sed -e s'#/#,#g'
1,2,3

これでいいんだけど。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2006-12-27 (水) 20:03:42 (4131d)