SSH設定 - TortoiseGitPlink.exe

デフォルトのSSHクライアントはTortoiseGitPlink

  • TortoiseGitにおいてSSHは標準ではTortoiseGitPlink.exeを使う。
  • パスはC:\Program Files\TortoiseGit\bin\TortoiseGitPlink.exeで、SettingsのNetwork→SSH Clientで指定されている。

SSHの接続設定の方法

  • SettingsのGit→Remoteで、originなどリポジトリごとに秘密鍵(PuTTYの.ppkファイル)を指定できる。
  • ここで指定されてない場合、TortoiseGitPlinkはPuTTYの一種なので、PuTTYでSSHの接続設定が使われる。

複雑な接続設定を利用する

  • PuTTYを使って接続設定をセッションとして登録する。

リモートリポジトリごとにSSH鍵を指定する

  • PuTTYを使って接続設定を行い、セッションとして登録する時にセッション名をユニークなものにする。
  • 例えば、example.comというサーバに対する接続設定を追加するなら、PuTTYの設定でホスト名(IPアドレス)は通常通りに指定し、SSH鍵はここでのみ使いたい専用のファイル(~/.ssh/20190102.ppk)を指定し、セッション名を example-20190102 にする。
  • 次に、SettingsのGit→Remoteで、originのURLを example-20190102/test.git にする。
  • これでこのリポジトリ(URL)に対してSSHの操作を行う時は、TortoiseGitは20190102.ppkを使うようになる。

コマンドラインのGitのOpenSSHと設定を合わせる

  • OpenSSHのconfigファイルのHostとPuTTYのセッション名を同じにする。
  • 以下のようにすると、OpenSSHのホスト名bitbucket-20190102はTortoiseGit(PuTTY)のセッション名bitbucket-20190102と同じになり、同一のローカルリポジトリでOpenSSHでもTortoiseGitでも使えるようになる。

OpenSSH config:

Host bitbucket-20190102
   HostName bitbucket.org
   User git
   IdentityFile ~/.ssh/20190102.key

PuTTY セッション:

  • セッション名 bitbucket-20190102
  • ホスト名 git@bitbucket.org
  • SSH鍵 20190102.ppk

参考

https://tortoisegit.org/docs/tortoisegit/tgit-ssh-faq.html


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2019-01-06 (日) 10:22:08 (11d)