編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Log:::Log4perl

ロギングレベル

  • DEBUG
  • INFO
  • WARN
  • ERROR
  • FATAL

easyモード

use Log::Log4perl qw/:easy/;
Log::Log4perl->easy_init($ERROR); # ロギングレベルの設定(出力先は未指定なので、標準エラー出力になる)
ERROR('##DEBUG##');               # 標準エラー出力へ
$logger = get_logger();           # ロガーオブジェクトを使って
$logger->debug('##ERROR##');      # レベルが足りないので出力されない
use Log::Log4perl qw/:easy/;
Log::Log4perl->easy_init({level => $DEBUG, file => '>>test.log'}); # 出力先はtest.logファイル
DEBUG '##DEBUG##';

カテゴリを指定して、loggerを使い分ける。

"MyTest::Test1"や"MyTest::Test2"がカテゴリ。":levels"で$ERRORや$INFOをインポートする。"test2 test"のみ出力される。

use Log::Log4perl qw/get_logger :levels/;

app_init();
do_main();

sub app_init {
    Log::Log4perl->easy_init();
    my $test1_logger = get_logger('MyTest::Test1');
    $test1_logger->level($ERROR);
    my $test2_logger = get_logger('MyLog::Test2');
    $test2_logger->level($INFO);
}

sub do_main {
    MyTest::Test1->new;
    MyTest::Test2->new;
}

package MyTest::Test1;
use Log::Log4perl qw/get_logger/;
sub new {
    my $logger = get_logger('MyTest::Test1');
    $logger->info('test1 test');
}
1;

package MyTest::Test2;
use Log::Log4perl qw/get_logger/;
sub new {
    my $logger = get_logger('MyTest::Test2');
    $logger->info('test2 test');
}
1;

appenderを指定して、ファイル出力を追加する

エラー出力には、"test1 test"と"test2 test"が表示される。test.logファイルには、"test1 test"のみ出力される。

$test_logger = get_logger('MyTest')で、親のカテゴリを指定しているので、その子のカテゴリは共にレベルがERRORになっている。

use Log::Log4perl qw/get_logger :levels/;

app_init();
do_main();

sub app_init {
    Log::Log4perl->easy_init();
    my $test_logger = get_logger('MyTest');
    $test_logger->level($ERROR);
    my $test1_logger = get_logger('MyTest::Test1');
    my $appender = Log::Log4perl::Appender->new(
        'Log::Log4perl::Appender::File',
        filename => 'test.log',
        mode     => 'append',
    );
    $test1_logger->add_appender($appender);
}

sub do_main {
    MyTest::Test1->new;
    MyTest::Test2->new;
}

package MyTest::Test1;
use Log::Log4perl qw/get_logger/;
sub new {
    my $logger = get_logger('MyTest::Test1');
    $logger->fatal('test1 test');
}
1;

package MyTest::Test2;
use Log::Log4perl qw/get_logger/;
sub new {
    my $logger = get_logger('MyTest::Test2');
    $logger->error('test2 test');
}
1;

layoutを指定して、フォーマットを修正する

上のコードのapp_init()で、add_appender()する前に以下のコードを差し込む。

my $layout = Log::Log4perl::Layout::PatternLayout->new("%d %p> %F{1}:%L %M - %m%n");
$appender->layout($layout);

すると、test.logの内容は以下のようになる。

2009/03/22 16:43:52 FATAL> 0.pl:37 MyTest::Test1::new - test1 test

コンフィグファイルで初期化する

以下の内容で、log4perl.confとして保存する。log4perl.loggerの1つめの値はレベル、2つめの値はappenderを表す。

log4perl.logger=FATAL, Screen
log4perl.logger.MyTest.Test2=DEBUG, Log

log4perl.appender.Screen=Log::Log4perl::Appender::Screen
log4perl.appender.Screen.stderr=0
log4perl.appender.Screen.Threshold=FATAL
log4perl.appender.Screen.layout=Log::Log4perl::Layout::SimpleLayout

log4perl.appender.Log=Log::Log4perl::Appender::File
log4perl.appender.Log.filename=test.log
log4perl.appender.Log.mode=append
log4perl.appender.Log.layout=Log::Log4perl::Layout::SimpleLayout

app_init()を以下のようにして、コンフィグファイルで初期化するようにする。

sub app_init {
    Log::Log4perl::init('log4perl.conf');
}

MyTest::Test1とMyTest::Test2はFATALレベルでScreenに出力、MyTest::Test2はFileに出力するようになる。

ログをロテートする

size=50でファイルサイズKB指定し、max=5で最大5世代までロテートする。

log4perl.logger=FATAL, Screen
log4perl.logger.MyTest.Test2=DEBUG, FR

log4perl.appender.Screen=Log::Log4perl::Appender::Screen
log4perl.appender.Screen.stderr=0
log4perl.appender.Screen.Threshold=FATAL
log4perl.appender.Screen.layout=Log::Log4perl::Layout::SimpleLayout

log4perl.appender.FR=Log::Dispatch::FileRotate
log4perl.appender.FR.filename=test.log
log4perl.appender.FR.size=50
log4perl.appender.FR.max=5
log4perl.appender.FR.layout=Log::Log4perl::Layout::SimpleLayout

参考

http://search.cpan.org/perldoc?Log::Log4perl


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2009-11-14 (土) 07:46:06 (2988d)