編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Time::Piece(低機能だが軽い)

Time::PieceとTime::Seconds

Time::Piece
日付・時刻(タイムスタンプ)を表す。
Time::Seconds
時間(秒)を表す。

Time::Pieceオブジェクトを作る

my $now = Time::Piece->localtime;
my $tp  = Time::Piece->localtime->strptime( '2000-04-01 00:00:00', '%Y-%m-%d %H:%M:%S' );

say $tp->ymd; # "2000-04-01"
say $tp->hms; # "00:00:00"

曜日を和名で

$tp->day_list(qw/日 月 火 水 木 金 土/);
say $tp->wdayname; # "土"

localtime() と gmtime()

localtime()はタイムゾーンを考慮したTime::Pieceオブジェクトを返す(日本の場合は+9時間)。Time::Pieceで時間だけを扱いたい場合、時間の計算をしたい場合などはgmtime()の方が都合がよい。当日25時0分0秒を翌日1時0分0秒と表したい場合だとか。

my $gt = Time::Piece->gmtime( 25 * 60 * 60 );
say $gt->ymd; # 1970-01-02
say $gt->hms; # 01:00:00

my $lt = Time::Piece->localtime( 25 * 60 * 60 );
say $lt->ymd; # 1970-01-02
say $lt->hms; # 10:00:00

Time::Seconds

翌日を求める

my $tp = Time::Piece->localtime->strptime( '2000-04-01 00:00:00', '%Y-%m-%d %H:%M:%S' );
$tp += ONE_DAY;
say $tp->ymd; # 2000-04-02
say $tp->hms; # 00:00:00

翌月は求まらない

my $tp = Time::Piece->localtime->strptime( '2000-01-01 00:00:00', '%Y-%m-%d %H:%M:%S' );
$tp += ONE_MONTH;
say $tp->ymd; # 2000-01-31
say $tp->hms; # 10:29:04

ONE_MONTHが固定値(2629744)を使ってるから。翌月を求めたいなら、DateTimeなどの他のモジュールを使う。ONE_MONTH他についてはTime::Secondsを参照。

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2011-06-11 (土) 18:38:11 (2415d)