UNIXタイム取得

EXTRACT(EPOCH FROM TIMESTAMP)の返す結果が9.2から変更された

  • EXTRACT(EPOCH FROM TIMESTAMP)の返す結果が9.2から変更された。
  • 9.1ではEXTRACT()はタイムゾーン情報なしのタイムスタンプ型を前提にしている。
  • 9.2ではタイムゾーン情報ありのタイムスタンプ型を考慮している。
  • 9.2でタイムゾーン情報なしのタイムスタンプ型を引数に渡すと、ローカルタイム(つまりタイムゾーン情報がある)のUNIXタイムが返る。
  • 使い方次第だが、Perlのtime()やPHPのtime()はUTCのUNIXタイムを期待している。
  • なお、以下のtimestamp型はタイムゾーン情報なしのタイムスタンプ型のこと。timestamp with time zone型またはtimestamptz型がタイムゾーン情報ありのタイムスタンプ型のこと。

PostgreSQL 9.1

date型とtimestamp型の値において、1970-01-01 00:00:00 UTCからの秒数(負の数の場合もあり)。interval型の値ではその時間間隔における秒の合計。

https://www.postgresql.jp/document/9.1/html/functions-datetime.html

PostgreSQL 9.2

timestamp with time zone型の値において、1970-01-01 00:00:00 UTCからの秒数(負の数の場合もあり)。dateとtimestamp型の値において、ローカルタイムの1970-01-01 00:00:00からの秒数。interval型の値ではその時間間隔における秒の合計。

https://www.postgresql.jp/document/9.2/html/functions-datetime.html

PostgreSQL 9.2以降でEXTRACT(EPOCH FROM TIMESTAMP)でUTCのUNIXタイムを取得する

SELECT EXTRACT(EPOCH FROM col1::timestamp with time zone) FROM t1;

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2017-08-23 (水) 10:29:14 (784d)