ファイルコピーに作成日時を含める

前提

  • Copy-Itemは作成日時(CreationTime)が含まれない。Copy-Itemを実行した時間が作成日時になる。
    • 修正日時(LastWriteTime)は含まれる。
  • Copy-Itemを実行した後、作成日時を設定し直す。

手順

1. 現在のファイル状態の確認

PS> dir *.csv | select name, CreationTime, LastWriteTime | ft

Name     CreationTime        LastWriteTime
----     ------------        -------------
1.csv    2016/01/09 21:48:21 2016/01/10 4:00:57

2. ファイルオブジェクトの作成とCopy-Itemの実行

PS> $oldfilename = "1.csv"; $newfilename = "2.csv"
PS> $oldfile = dir $oldfilename
PS> $newfile = Copy-Item $oldfilename $newfilename -PassThru

3. 現在のファイル状態の確認

PS> dir *.csv | select name, CreationTime, LastWriteTime | ft

Name     CreationTime        LastWriteTime
----     ------------        -------------
1.csv    2016/01/09 21:48:21 2016/01/10 4:00:57
2.csv    2016/01/11 1:53:58  2016/01/10 4:00:57

4. CreationTimeの設定

PS> $newfile.CreationTime = $oldfile.CreationTime
PS> dir *.csv | select name, CreationTime, LastWriteTime | ft

Name     CreationTime        LastWriteTime
----     ------------        -------------
1.csv    2016/01/09 21:48:21 2016/01/10 4:00:57
2.csv    2016/01/09 21:48:21 2016/01/10 4:00:57

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2016-01-11 (月) 01:59:52 (1014d)