ファイル属性操作

隠し属性ファイル・フォルダの表示

dir -Hidden  # 隠し属性のファイルのみ表示
dir -Force   # すべてのファイルの表示

ファイル属性の付与

$file = get-item foo.txt
$file.Attributes = 'Hidden' # foo.txtの属性は隠しファイルになる

複数の属性を付与

$file.Attributes = 'Hidden', 'ReadOnly'

ファイル属性の削除

$file = get-item -Force foo.txt # 隠しファイルをget-itemするには-Forceが必要
$file.Attributes = ''           # すべての属性が削除された
$file.Attributes = 'Normal'     # 上と同じ動作で、すべての属性が削除される

隠しファイル属性のみ削除

$file.Attributes -= 'Hidden'

ファイル属性の確認

$(get-item -Force foo.txt).Attributes

既定のファイル属性一覧

[enum]::GetNames("system.io.fileattributes")

ReadOnly
Hidden
System
Directory
Archive
Device
Normal
Temporary
SparseFile
ReparsePoint
Compressed
Offline
NotContentIndexed
Encrypted
IntegrityStream
NoScrubData

参考

https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.io.fileattributes%28v=vs.110%29.aspx

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2016-08-13 (土) 11:53:49 (680d)