ユーザー認証によるアクセス制限

ユーザーの作成

$auth_users = array(
       // Username => password
       'foo'   => 'foo_passwd', // Cleartext
       'bar'   => '{x-php-md5}f53ae779077e987718cc285b14dfbe86', // PHP md5()  'bar_passwd'
       'hoge'  => '{SMD5}OzJo/boHwM4q5R+g7LCOx2xGMkFKRVEx',      // LDAP SMD5  'hoge_passwd'
);
  • pukiwiki.ini.php を編集する。
  • パスワードはクリアテキストは避けた方がいいだろう。md5の暗号化パスワードの作り方は以下を参考。

md5で暗号化したパスワードの作り方

 $ echo -n "my-pass-123" | md5sum

アクセス制限

編集認証

$edit_auth = 1;

$edit_auth_pages = array(
       // Regex                   Username
       '#BarDiary#'            => 'bar',
       '#HogeHoge#'            => 'hoge',
       '#(NETABARE|NetaBare)#' => 'foo,bar,hoge',
);
全ページ制限
$edit_auth_pages = array(
       '##' => 'bar',
);

管理者パスワード

  • 管理者パスワードはPukiWikiをインストール時に設定するもので、ユーザー認証のパスワードとは別のもの。ページの凍結などで使うアカウント。
  • ユーザー認証のユーザーはなくともよいが、管理者パスワードは必ず設定し、インストール時に初期値から変更する。

参考

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2019-01-06 (日) 15:21:02 (11d)