RVM

RVMのインストール

bash < <(curl -s https://rvm.beginrescueend.com/install/rvm)

上のようにコマンドを実行すると、$HOME/.rvmにインストールされる。

[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && source "$HOME/.rvm/scripts/rvm"

インストール後、上の記述を.bashrc等に加える。

rootでRVMをインストールした場合

  • 自動的にsystem wide インストールになる。
  • RVMは/usr/local/rvm以下にインストールされる。
  • RVM設定は、例えばCentOSなら/etc/profile.d/rvm.shが出来て、そこで処理されるようになる。
  • RubyやGemパッケージをインストールする場合、sudo rvm install 1.9.2 のようにsudoコマンドではなく、以下のようにrvmsudoコマンドを使う。
    rvmsudo rvm install 1.9.2

Rubyのインストール

インストール可能なRubyの確認

$ rvm list known
# MRI Rubies
[ruby-]1.8.6[-p420]
[ruby-]1.8.6-head
[ruby-]1.8.7[-p352]
[ruby-]1.8.7-head
[ruby-]1.9.1-p378
[ruby-]1.9.1[-p431]
[ruby-]1.9.1-head
[ruby-]1.9.2-p180
[ruby-]1.9.2[-p290]
[ruby-]1.9.2-head
[ruby-]1.9.3[-preview1]
[ruby-]1.9.3-head
ruby-head
(略)

Rubyのインストール

[ruby-]1.9.2[-p290]をインストールする。

rvm install 1.9.2

Rubyバージョンの選択

インストールされているバージョンの確認

$ rvm list

rvm rubies

   ruby-1.9.2-p290 [ x86_64 ]
   ruby-1.8.7-p352 [ x86_64 ]

使用するRubyのバージョンを設定

rvm use 1.9.2

使用するRubyをOS 標準のRubyに設定

rvm use system

デフォルトのRubyのバージョンを設定

rvm --default 1.9.2

Rubyのアンインストール

rvm uninstall ruby-1.9.2-p290  # ソースは残す
rvm remove ruby-1.9.2-p290     # ソースも消す

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2011-08-14 (日) 11:07:50 (2628d)