編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Redmine インストール

概要

  • RedmineをLinuxにインストールする。
  • OSにはPleskがインストールしてあり、Plesk上で作成したサイト(ヴァーチャルホスト)にサブディレクトリを切って、Redmineを公開する。
  • Railsの実行にはPassengerを使う。

インストールするソフトウェアのバージョン

  • Redmine 0.8
  • OS CentOS5
  • Ruby 1.8.7
  • RubyGems 1.3.5
  • Rails 2.1.2

注意点

  • CentOS5にはすでにRubyとRailsがインストール済みだったが、バージョンが古かったためインストールし直した。
  • Redmine0.8を利用するにはRails2.1.2である必要がある。

インストールする場所(公開するURL)

  • Redmineのルートパス /var/www/redmine
  • RedmineのURL http://example.com/redmine
  • Apacheのドキュメントルート /home/httpd/vhosts/example.com/httpdocs

既存のRubyとRailsをアンインストール

rpm -e ruby ruby-rails psa-rubyrails-configurator
cd /usr/lib/ruby
mkdir NOT_IN_USE
mv 1.8 gems site_ruby vendor_ruby NOT_IN_USE/

Rubyをインストール

別ページを参照。

Railsをインストール

gem install rails -v=2.1.2

Redmineをインストール

cd /var/www
mkdir redmine
svn checkout http://redmine.rubyforge.org/svn/branches/0.8-stable redmine

ウェブサイト(ヴァーチャルホスト)を作成

Pleskを利用する。

Redmineの設定

cd /var/www/redmine
cat > config/database.yml
production:
  adapter: sqlite3
  dbfile: db/redmine.db
  timeout: 5000
(CTRL+D)
cp config/email.yml.example config/email.yml
rake config/initializers/session_store.rb
rake db:migrate RAILS_ENV=production
rake load_default_data RAILS_ENV=production

設定

ENV['RAILS_ENV'] ||= 'production'
ENV['GEM_HOME'] ||= '/usr/local/lib/ruby/gems'
ENV['RUBYLIB'] ||= '/usr/local/lib'

config/enviroment.rbに以上の設定を追加する。

組込みサーバで起動を試す

./script/server -e production

passengerのインストール

gem install passenger
passenger-install-apache2-module

/usr/local/lib/ruby/gems/binにパスを通しておく。

Apacheの設定

ドキュメントルート以下にシムリンクを張る

ln -s /var/www/redmine /home/httpd/vhosts/example.com/httpdcos/redmine

Apacheの設定を追加する

<Directory /home/httpd/vhosts/example.com/httpdocs>
  Options All
  AllowOverride All
</Directory>
RailsBaseURI /redmine
LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/gems/passenger-2.2.9/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/gems/passenger-2.2.9
PassengerRuby /usr/local/bin/ruby
  • /home/httpd/vhosts/example.com/conf/vhost.conf
  • httpd.includeはPleskが管理するので、vhost.confを利用する。

vhost.confを有効にする

/usr/local/psa/admin/sbin/websrvmng --reconfigure-vhost --vhost-name=example.com
/etc/init.d/httpd restart

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2010-02-01 (月) 10:44:59 (3000d)