mRemoteNG

特徴

  • Windowsの標準RDPクライアントソフトをHi DPI環境で使うと、接続元のOSと接続先のOSの組み合わせ次第で、DPIスケーリングが正常に動作しない。
  • 基本的にリモートデスクトップにおいては接続先のDPIスケーリングを変更することが出来ない。
  • mRemoteNGを使と、接続先のOSはDPI仮想化されて全体がぼやけるが、DPIは接続元のOSと連動する。
  • 接続元のOSがDPIスケーリング150%以上などのHi DPI環境では接続先のOSが100%だとほとんど視認できないくらい小さく見えるはずなので、DPI仮想化が起きてもmRemoteNGを使った方がマシと言える。

インストール

  • 以下のURLにアクセスする。
  • MSIインストーラーをダウンロードして、インストールする。

インストール先

C:\Program Files (x86)\mRemoteNG

レジストリ

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\mRemoteNG
HKEY_CURRENT_USER\Software\mRemoteNG

設定ファイル

C:\Users\USERNAME\AppData\Roaming\mRemoteNG
C:\Users\USERNAME\AppData\Local\mRemoteNG

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2017-05-24 (水) 22:16:18 (450d)