編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

ディスク増設 - diskpart

diskpartコマンドの起動

C:\> diskpart

ディスク一覧表示

DISKPART> list disk

空き(Free)が0Bなディスクが新しく増設したディスク。

ディスクの選択

DISKPART> select disk 1

list diskコマンドの表示結果の先頭カラムのディスク番号を使ってディスクを選択する。ここでは1を選択した。

パーティション一覧表示

DISKPART> list partition

ディスクを選択した後にlist partitionコマンドを実行する。

ボリューム一覧表示

DISKPART> list volume

Ltrはドライブレター。Cドライブとか。

パーティションの作成

DISKPART> create partition primary size=60000

ディスクを選択した後にcreate partitionコマンドを実行する。ここではサイズを60GBで指定したが、指定しないとそのディスクすべてを指定した事になる。

ボリュームのファイルシステムの確認

DISKPART> select vololume 1
DISKPART> filesystems

ボリュームのフォーマット

DISKPART> format fs=ntfs label="Data Vol 1" quick

ドライブレターの割り当て

DISKPART> select vololume 1
DISKPART> assign letter=g 

パーティション・ボリュームの削除

DISKPART> select vololume 1
DISKPART> delete volume
DISKPART> select partition 1
DISKPART> delete partition

diskpartコマンドの終了

DISKPART> exit

参考

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1115dpartcmd/dpartcmd.html


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2012-05-07 (月) 17:15:47 (2119d)