set - setx - 環境変数の操作

set

代入・再代入

set mesg=hello
echo %mesg%
  => "hello"

set mesg=%mesg%, world
echo %mesg%
  => "hello, world"

数値演算

set num1=10
set /a num2=%num1%*2
echo %num2%
  => "20"

文字列置換

set mesg=foo
set mesg=%mesg:oo=xx%
echo %mesg%
  => "fxx"

部分文字列の取り出し

set mesg=foo
set mesg=%mesg:~0,2%
echo %mesg%
  => "fo"

参考

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/1227/variable.html

setx

ユーザ環境変数の設定

setx PATH "%PATH%;C:\App\bin"

システム環境変数の設定

setx /m PATH "%PATH%;C:\App\bin"

環境変数のクリア

setx FOO ""

環境変数FOOの値が""になるが、FOOキーは残る。

環境変数の削除

reg delete HKCU\Environment /v FOO

レジストリからエントリーを削除することによって、環境変数FOOそのものが削除される。

参考

コントロールパネルで標準ユーザ権限で環境変数を変更する

  • 標準ユーザではコントロールパネル→システムのプロパティ→詳細設定ではユーザ環境変数を変更する事は出来ない。
  • この場合、コントロールパネル→ユーザーアカウント→環境変数の変更で変更する。

参考

http://support.microsoft.com/kb/931715/ja


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2018-09-04 (火) 04:59:08 (47d)