ジャンクション・シムリンク

ジャンクション(シムリンク)をコピーする時のRobocopyの仕様

  • Robocopyの既定では、コピー元にジャンクション(シムリンク)があると、通常のファイル(フォルダ)としてコピーする。
    • (ジャンクションのままコピーするには/slオプションを使う。)
  • ジャンクション元にさらにジャンクションがあった場合、Robocopyは無限ループしてしまう。
  • /xjオプションによって、ジャンクションをコピー対象から外せる。

オプション

xj接合ポイントを除外します。(/xjd + /xjf)
xjdディレクトリの接合ポイントを除外します。
xjfファイルの接合ポイントを除外します。
slターゲットの代わりにシンボリック リンクをコピーします。
  • slオプションでシムリンクをシムリンクとしてコピーするには、通常、管理者権限が必要。
  • xjオプションはslオプションより優先される。xjオプションがあれば、slオプションがあっても、ジャンクションはコピーされない。

シムリンクをシムリンクとしてコピーする

cd src
mklink A.txt 1.txt    (1)
cd ..
robocopy /sl src dst  (2)
dir dst               (3)

2018/06/27  09:22                 6 1.txt
2018/06/27  09:23    <SYMLINK>      A.txt [1.txt]
  • (1) srcディレクトリ以下にシムリンク A.txt を作成
  • (2) /slオプションをつけてRobocopyを実行
  • (3) dstディレクトリにできたA.txtはシムリンク
  • なお、/slオプションをつける時は、管理者権限でコマンドプロンプト(PowerShell)を起動して実行する

シムリンクを普通のファイルとしてコピーする

cd src
mklink A.txt 1.txt    (1)
cd ..
robocopy src dst      (2)
dir dst               (3)

2018/06/27  09:22                 6 1.txt
2018/06/27  09:22                 6 a.txt
  • (1) srcディレクトリ以下にシムリンク A.txt を作成
  • (2) /slオプションをつけないでRobocopyを実行
  • (3) dstディレクトリにできたA.txtは普通のファイル

参考

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc733145(v=ws.10).aspx


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2018-06-27 (水) 09:39:30 (117d)