ドットファイルや.gitignoreなファイルも対象にする

まとめ

コマンド例意味
rg -u 123.gitignore 及び .rgignore を無視して検索する
rg -uu 123.gitignore を無視し、隠しファイル・隠しフォルダも含めて検索する
rg -uuu 123バイナリファイルも検索する
  • 普通はバイナリファイルを検索しないと思うので、-u か -uu で十分だと思われる

前提

ファイル構成

.
├── .git/
├── .gitignore
├── .hidden.txt   (1)
├── _hidden.txt   (2)
├── hidden.txt
├── hidden_dir/
│   └── test.txt
├── index.txt
└── test.pdf
  • (1) .hidden.txtはWindows上でもRipGrepでは隠しファイルとして扱われる
  • (2) ここでは_hidden.txtはWindowsの隠しファイル属性の設定がされていることとする

.gitignoreファイル

hidden.txt
hidden_dir

通常の検索

> rg 123

index.txt
1:123

-u .gitignore 及び .rgignore を無視して検索する

> rg -u 123

index.txt
1:123

hidden_dir\test.txt
1:123

hidden.txt
1:123

-uu .gitignore を無視し、隠しファイル・隠しフォルダも含めて検索する

> rg -uu 123

_hidden.txt
1:123

index.txt
1:123

hidden_dir\test.txt
1:123

hidden.txt
1:123

.hidden.txt
1:123

-uuu バイナリファイルも検索する

> rg -uuu 123

_hidden.txt
1:123

Binary file test.pdf matches (found "\u{0}" byte around offset 662)

index.txt
1:123

hidden_dir\test.txt
1:123

hidden.txt
1:123

.hidden.txt
1:123

参考

https://blog.burntsushi.net/ripgrep/


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2020-10-26 (月) 04:27:43