編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

xオプションでデバッグ

こんなスクリプト test.sh があったとして、

#!/bin/bash

dir="/home/taro/tmp/"
files=$(ls -1 $dir);
IFS='
'
for f in $files; do
    echo "FILE: " $f
done

xオプションを付けてスクリプトを実行すると、

$ bash -x test.sh

変数の中身が確認できる。

+ dir=/home/taro/tmp/
++ ls -1 /home/taro/tmp/
+ files='1.txt
2.txt
3.txt'
+ IFS='
'
+ for f in '$files'
+ echo 'FILE: ' 1.txt
FILE:  1.txt
+ for f in '$files'
+ echo 'FILE: ' 2.txt
FILE:  2.txt
+ for f in '$files'
+ echo 'FILE: ' 3.txt
FILE:  3.txt

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2012-09-24 (月) 23:48:38 (1942d)