表示フォーマットを指定する

diffを表示する

git log --stat

他に

git log --numstat
git log --shortstat

他のブランチのログも表示する

git log --all

他のブランチのログも表示して、ツリー表示にする

git log --all --graph
* commit 09de85f42f988f2d5b1f7a50d278a2c8b39ec538
| Author: na <na>
| Date:   Sun Feb 19 12:46:25 2012 +0900
|
|     update 1.txt
|
| * commit d62c71a1764fd449ef8fac7dca1d5eb3da46b37c
|/  Author: na <na>
|   Date:   Sun Feb 19 12:45:27 2012 +0900
|
|       add 2.txt
|
* commit e514dac7778307714ffbabddf37b76d1a6717c04
  Author: na <na>
  Date:   Sun Feb 19 12:44:42 2012 +0900

      add 1.txt

↑は「add 2.txt」が別ブランチとして分岐している。

ログフォーマットを指定して表示する

git log --color --format=full
git log --color --format=medium
git log --color --format=short

ログフォーマットを個別指定して表示する

git log --graph --all --color --date=short --pretty='%x09%h %cn%x09%ad %s %Cred%d'
*       09de85f na      2012-02-19 update 1.txt  (HEAD, master)
| *     d62c71a na      2012-02-19 add 2.txt  (branch1)
|/
*       e514dac na      2012-02-19 add 1.txt

それのエイリアスを設定する

git config --global alias.log2 "log --graph --all --color --date=short --pretty='%x09%h %cn%x09%ad %s %Cred%d'"

参考

http://transitive.info/article/git/command/log/


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2019-04-11 (木) 17:26:11 (65d)