リレーション先のテーブルのデータも削除

リレーションのあるテーブル上のデータも削除する。

ID1の会社とその会社の社員を一緒に削除する

$rs = $schema->resultset('Company');
$rs->find(1)->delete->delete_related('employee')

1対N

選手とその所属チームを表すplayerテーブルとteamテーブルを想定すると、以下のようなコードになる。

package MyappDB::Player;

use base 'DBIx::Class';

__PACKAGE__->load_components(qw/ PK::Auto Core/);
__PACKAGE__->table('player');
__PACKAGE__->add_columns(qw/
player_id
name
age
team_id
/);
__PACKAGE__->set_primary_key('plyaer_id');
__PACKAGE__->belongs_to(team => 'MyappDB::Team', 'team_id');

1;

belongs_to()でリレーションを張り、第一引数のキーであるteamがアクセサになる。つまり、以下のようなコードでteamテーブルにアクセスできる。

$rs = $rs->search();
 while (my $p = $rs->next) {
      print $p->name;
      print $p->team->team_name;
 }

teamテーブルにteam_idカラムがなくteam_noカラムだった場合、あるいはteamテーブルのプライマリーキー以外のカラムと外部結合している場合、以下のようにすることでJOINで使うカラムを明示できる。

 __PACKAGE__->belongs_to(team => 'MyappDB::Team', { 'foreign.team_no' => 'self.team_id' });

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2008-09-05 (金) 09:38:36 (3668d)