ファイルの削除 Remove-Item

カレントディレクトリ以下のファイルとディレクトリをまとめて削除する

PS> del *
または
PS> del -Path *

動作確認 (Dry Run)

PS> del -WhatIf -Recurse *.txt
WhatIf: 対象 "c:\temp\A.txt" に対して操作 "ファイルの削除" を実行しています。
WhatIf: 対象 "c:\temp\B.txt" に対して操作 "ファイルの削除" を実行しています。
  • WhatIfオプション

空じゃないフォルダを削除する

PS> del foo

確認
C:\temp\foo の項目には子があり、Recurse パラメーターが指定されていませんでした。
続行した場合、項目と共にすべての子が削除されます。続行しますか?
[Y] はい(Y)  [A] すべて続行(A)  [N] いいえ(N)  [L] すべて無視(L)  [S] 中断(S)  [?] ヘルプ (既定値は "Y"):

PS> del -Recurse foo
  • Recurseオプションをつけないと削除してよいか問われる。
  • 空のフォルダを消す場合はオプションを付けずとも実行できる。

フォルダの中にフォルダがある場合

PS> del -Recurse -Force foo
  • fooフォルダの中にフォルダがある場合、-Recurseだけだとエラーになる。-Forceもつける。

隠しファイルやリードオンリーファイルを削除する

PS> del -Force *

ディレクトリは消さず、カレントディレクトリのファイルだけ削除する

PS> del *.*

特定のファイル名のファイルだけ削除する

# カレントディレクトリだけ
PS> del -Include *.txt -Recurse *

# サブディレクトリも含める
PS> del -Include *.txt -Recurse *
  • txtファイルだけの場合

特定のファイル名のファイルを除外して削除する

PS> del -Include *.txt -Exclude 1*, 2* -Recurse *
  • すべてのtxtファイルを削除するが、1.txtや2.txtなどの1と2から始まるファイルは除外する。

参考

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/microsoft.powershell.management/remove-item?view=powershell-6


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2018-05-18 (金) 06:40:42 (157d)