Xdebugのインストール

PS> php -i |  Set-Clipboard
  • コマンドラインからphp -iを実行して、phpinfo()の出力内容を保存する。(上はPowerShellの例)
  • https://xdebug.org/wizard.php にアクセスして、保存した内容をコピーペーストして、Analyzeボタンを押下する。
  • 分析され、必要なXdebugのバイナリのダウンロードリンクやその設置方法が表示される。
  • その際、Xdebugバイナリのパスをphp.iniに記述するが、Xdebugのウェブページではext\php_xdebug-2.3.4-5.6-vc15-x86_64.dll のように書き換えるように指示されるが、今回の環境ではextは不要だった。上手く動かない場合はextを消すといいかも。

php.ini

[XDebug]
zend_extension = php_xdebug-2.3.4-5.6-vc15-x86_64.dll
xdebug.remote_host=127.0.0.1
xdebug.remote_port=9000
xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_autostart=1

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2020-03-21 (土) 04:08:17 (9d)